他関連ページ





homeがん診療についてサポート外来

s0

サポート外来の特色

厚生労働省では、がん患者さんの増加に加え、がん治療が高度化していることを受けて、
主治医だけでなく複数の専門性を持った医療職が協力し、
チームとして医療を進めていく『がんチーム医療』の必要性を唱えています。

倉敷成人病センターでは、2008年5月に全国に先駆けてがん専門薬剤師による薬剤師外来『サポート外来』を
開設いたしました。

がん患者さんには、がんそのものによる苦痛や、抗がん剤などの治療による苦痛が出現することで、
生活の質(クオリティー・オブ・ライフ:Quality of Life 略して「QOL」)の低下が引き起こされます。

サポート外来では、がん専門資格認定を受けた薬剤師が患者さんを診察し、
患者さんの抱えていらっしゃる疑問や不安に関する相談にのったり、苦痛症状を和らげるための薬剤や、
安全で効果的な抗がん剤治療をするために抗がん剤の種類や投与量を考えて、
患者さんが快適に療養生活を送れるよう支援(サポート)します。

 

サポート外来スタッフ

s1

日本医療薬学会認定
がん指導薬剤師・がん専門薬剤師

今村 牧夫

 

 

対象となる患者さん

抗がん剤治療や緩和ケアを必要とするがん患者さん
当院の患者さんで受診を希望される方は、主治医の
先生にご相談ください。

他院の患者さんで受診を希望される方は、下記の
連絡先までお問い合わせください。

 

受診のながれ

ご来院後、採血検査を済まされたら、クリニック棟5階の外科外来にお越しください。
サポート外来終了後に主治医の先生の診察に向かう手順となります。

 

サポート外来と医療チームとの関係

s2

 

費用について

サポート外来は倉敷成人病センター独自の診療形態ですので、保険診療とはなりません。
がん患者さんに質の高い医療を提供するためのサービスとなりますので、費用は一切頂きません。

お問い合わせについて

サポート外来に関するご意見・ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
TEL:086-422-2111(代表) サポート外来担当:今村