home診療支援部について

 医療が高度化、複雑化している現代において、患者さんに安全で質の高い医療を提供するためには、医師や看護師と協力してチーム医療を行う医療専門職が欠かせません。
 当院の診療支援部は、10種の国家資格医療専門職(薬剤師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、言語聴覚士、診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士、社会福祉士)で構成されており、各職種とも専門知識や技術を駆使して臨床業務に励んでいます。
 当院の診療支援部の特徴としては、プロフェッショナリズムや向上心が非常に高く、自己研鑽を重ねて多くの専門資格を取得しており、チーム医療の質の向上に大きく貢献しています。また、学生実習の受け入れや地域の中高生に向けた職業紹介セミナー開催などを通じて、未来の医療専門職者の育成にも微力ながら貢献しています。
 2021年1月には新病院棟の稼働(放射線治療の開始、手術室の拡張)、その後の既存棟改修(緩和ケア病棟開設)を経て、診療支援部は今後益々の活躍が期待されます。就職希望など当院にご興味のある方は採用情報のページ をご覧ください。

 診療支援部 部長 今村牧夫