他関連ページ





home診療支援部について臨床検査科

臨床検査科について

臨床検査は現在の医療に必要不可欠な情報です。
臨床検査科では患者さんからお預かりした血液、尿、便、髄液、喀痰などさまざまな検体より、
生化学・免疫学的検査測定、形態学的検査、細菌学的検査をおこないます。

また、心電図、脳波、超音波など直接患者さんからの情報を記録する生理学的検査など
多様にわたっています。
これらの検査結果は病気を診断し、どのような治療が最適かを決める重要なものです。
私たち臨床検査科は最新の技術をもって正確な結果を迅速に報告することを心掛けています

トピックス

FX8を導入しました

○東芝TBA-FX8

2017年1月4日より、新たに生化学自動分析装置 東芝TBA-FX8(以下FX8)が稼動しています。
同じ装置が2台連結した構成で全長は約4Mになり、2月からは効率化のために検体前処理機LabFLEX2500
とも連結し、検査室最大の全長約6Mになりました。

FX8は、2台同時に稼動させた場合最大200項目を1時間に約4000テスト測定でる能力を持ち、
結果報告の迅速化に貢献しています。