他関連ページ





薬剤科について

患者さんによりよい薬物療法を提供するために、薬学的見地に立って業務を行うことを
理念としています。近年チーム医療への積極的参画が求められており、高度化・多様化した
薬物療法に対応できるより高い専門性を持った薬剤師の育成を目指しています。

一方その根底として医療人としての心構えや全般的な薬物療法に係わる知識や技術の習得、
医療安全への寄与なども重要であると考え、研鑽に努めています。

トピックス

外来・入院患者さん両方の薬物療法に関わるよう力を注いでいます

外来患者さんの処方を院内で調剤しているため、きめ細やかな処方の確認が可能です。
薬交付時には、服薬指導をできるだけ行うようにしています。

外来がん化学療法では、事前のサポート外来や、通院治療室での抗がん剤の調製や
服薬指導を行っています。

入院患者さんへは、服薬指導を担当する薬剤師と別に、各病棟に常駐して病棟での業務を
行う薬剤師を配置して、薬物療法や安全管理に関わっています。
専門性を持った薬剤師がチーム医療に関わっています。
糖尿病、感染、がん、緩和、栄養療法など専門認定を持った薬剤師が、
それぞれのチームに参加して活動しています。