home女性のためのサポート

当院には、女性専用外来はありませんが、女性をサポートする外来が、
婦人科、産科、体外受精センター、乳腺外科、泌尿器科、小児科の
各科にあります。

「生まれてから年を重ねる間におこる様々な女性特有の症状」に対し、
専門の医師とスタッフが総合的にサポートします。

w1

w0-

女性特有の病気は、他の病気ほどのはっきりとした自覚症状が出ないことも多々あります。

当院では、心と体の状態は一人ひとり違うのだと考え、女性特有の更年期障害・不定愁訴・出産や子育てなど、あなたの言葉をしっかりと聞きながら症状や悩みに応じて最良と考えるサポートを提案します。

また、良性のみでなく様々な疾患に対して手術が必要と診断された時、開腹・膣式・腹腔鏡と併せて1万例以上の執刀経験がある医師をはじめとする多数の婦人科腫瘍専門医、放射線科専門医、病理専門医、そして緩和ケア担当医師などがチームで患者さんを支えます。

w2

「産科医不足」「出産難民」など、産科医療の厳しい状況を表す見出しを見る度に出産を考える女性は不安に感じているのではないでしょうか?

当院では産科医師、小児科医師、助産師、看護師、そして連携医療機関の先生方とともに産科医療に当たることで、より多くの女性が安心して出産していただけるよう取り組んでいます。

そして、多数の分娩を扱う病院としては珍しい主治医制です。これは外来を担当していた医師が出産にも立ち会うというシステムです(学会等で不在時に立会えない場合があります)。今までの経過を知る医師が、安心で安全な出産をサポートします。

w1-

s3

w2-

更年期外来は、その名の通り「更年期障害の専門外来」であり、更年期の女性特有の悩みにしっかりと対応し、のぼせ、発汗をはじめとする更年期障害の諸症状の治療を行っています。

問診、更年期スコア、血液検査などを参考にし、さらに合併症の有無を検討した上で、女性ホルモン、漢方薬、自律神経調節剤などから患者さん一人ひとりにあった治療を選択しフォローアップしています。

また、定期的に血中コレステロール値や、骨密度を測定し、高脂血症、骨粗しょう症の予防や治療も行っています。

w4

体外受精センターでは、自然妊娠を期待して身体的、経済的に負担の軽い方法からはじまり、年令や不妊期間に応じて人工的な介入を勧めながら目的である妊娠にたどりつくために、個々の患者さんに合わせた体外受精がいつでも出来るような体制を年間を通じて取り組んでいます。

不妊症にはさまざまな原因があります。
その原因を少しでも究明するために多くの検査や治療、特に当院では婦人科との連携が密に行われるためにより詳しい検査や治療を行うことができます。

当院ではなるべく心身に負担のない方法を患者さんと相談しながらサポートしていきます。

w3-

 

w5

w4-

乳腺外科は、現在日本人女性の約20人に1人の割合で発症するとされる乳がんの早期発見・診断と治療を目的とした専門外来です。乳房に関するさまざまな症状(しこり、痛み、分泌など)に対して質の高い診断・治療を受けていただける様に取り組んでいます。

当院の乳腺外科では、ガンマ・ファインダ-を用い「センチネルリンパ節生検」を行っています。これは、がんのリンパ節転移を確認する方法でリンパ浮腫や知覚異常、運動障害、神経障害などの合併症の減少など術後QOL(Quality of Life:生活の質)に寄与します。

また、化学療法やリンパ浮腫指導など医師以外のスタッフも様々な形でサポートしています。

w6

一般に泌尿器科と言えば男性の行くところと言うイメージで、昔も今も女性にとってどうにも「敷居の高い」ところであるといえるのではないでしょうか。

当院では、女性医師による泌尿器科女性外来を設けることによって女性患者さんの窓口になり、QOL(Quality of Life)の向上に役立てる様に取り組んでいます。

主な疾患として、尿失禁(尿もれ) ・骨盤臓器脱(性器脱) ・急性膀胱炎、腎盂腎炎などがあります。

また健康診断で血尿を指摘された、尿路(腎臓、尿管、膀胱)に結石がある、なども扱っています。

w5-

w7

w6-

小児科では、膠原病、神経・精神および未熟児・新生児等の各疾患の専門医師が、新生児から思春期までの幅広い小児疾患をカバーした外来・入院体制を整えています。

周産期センターは、お母様のお腹の中にいる胎児期から新生児期までを産科医師、小児科医師、助産師、看護師や検査技師などが一緒にサポート体制をとっています。

もう少し大きくなった乳幼児期お子様の入院は「プレイルーム」を設けた病棟で、看護師と保育士がお子様・家族の方々のサポートをしています。外来においては、専門診療を担当するそれぞれの医師が配置され、こどもたちが安心して治療を受けられる体制となっています。

さらに、子ども虐待の防止活動、心の問題、心電図検診など、こどもたちのすこやかな成長・発達を守る健康支援活動にも力を注いでいます。