他関連ページ







home診療科のご案内皮膚科

皮膚科について

当院皮膚科は、特殊外来はなく皮膚科一般の診療をしています。
疾患は皮膚に異常があればすべて対象であり、
毛髪、爪、口腔粘膜の疾患も診療の対象となります。

アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、痒疹などの治療において
ナローバンドUVBという紫外線の波長のうち、免疫細胞を抑制する効果が高い
311nm の波長のみを照射する紫外線療法が可能です。
これは、従来のPUVA療法(長波長紫外線療法)に比べ、前処理(ソラレン)が
不要であるとともに照射後の遮光など生活上の制限もなく簡便であり、その効果は同等です。
また、ナローバンドUVBは、乾癬、掌蹠膿疱症、尋常性白斑、斑状類乾癬などの病気に対し、
特に効果が期待できます。

些細なことでも、気になることがあれば気軽にご相談いただければと思います。

トピックス

アトピー性皮膚炎

アトピー素因のある方に生じる、慢性の皮膚炎です。したがって、多くの場合は、アレルギー
性鼻炎・結膜炎、喘息の合併、あるいは、家族の方にこれらの病気が認められます。
治療の目標は、病気を苦にすることなく日常生活を楽しく、有意義に過ごせるようにすることです。

そのために、塗り薬、飲み薬などを用いて、
(1)炎症のコントロール、(2)かゆみのコントロール、(3)スキンケア
を3本柱とした治療を行います。

患者さんが多く、病気も長い経過をたどるため、
マスコミ、インターネット上、ご近所でさまざまな情報が入り乱れてます。
当科では医学の常識に基づいた、標準的な治療を心がけています。


イボ

イボは皮膚にできる、小さなできものの俗称です。

最も一般的なのが、ウイルス性疣贅(ゆうぜい)です。自然治癒することが多いのですが、
時に数が増えて、難治なことがあります。

そのほか、小さなツルっとしたミズイボ、皮膚の老化による老人性疣贅などがあります。
イボの治療には特効薬がなく、液体窒素による凍結療法、硝酸銀による腐蝕療法、
ハトムギエキスの内服などを症状に応じて使い分けています。


皮膚科の詳しい情報

診療スケジュール・担当医(2017年10月)

  部屋番号