他関連ページ







home診療科のご案内リウマチ膠原病センター

リウマチ膠原病センターについて

膠原病には関節リウマチ(リウマチ)、全身性エリテマトーデス(SLE)、強皮症、皮膚/多発筋炎、
混合性結合組織病 (MCTD)、結節性多発動脈炎、シェーグレン症候群、ベーチェット病など
多数の病気が存在します。

その多くは厚労省の特定疾患(難病)に指定されていますが、診断法や治療法が進歩した今日、
早く専門医の診察を受け、早期に治療すれば、決して恐れることのない病気となっています。

膠原病はあらゆる年齢層におこり、全身に症状が及ぶため、当センターではリウマチ科、整形外科
の医師を始め、看護部、リハビリテーション部が協力体制をとって
約2,000人の膠原病患者さんの診療に当たっています。

なお、日本リウマチ学会が認定する指導医はリウマチ科4名、整形外科1名の計5名、
専門医はリウマチ科4名、整形外科3名の計7名です。
それぞれが専門知識を生かして日常診療、研究発表を行い、地域の膠原病診療をリードしています。

トピックス

宮脇昌二先生が日本シェーグレン症候群学会功労賞を受賞しました

9月18日(金)京王プラザホテルで開催された
第24回日本シェーグレン症候群学会学術集会において
当科学術顧問の宮脇昌二先生が、第7回日本シェーグレン症候群学会功労賞を受賞しました。

この賞はシェーグレン症候群の病因病態の解明、診断、治療、患者啓発などに
大きく寄与した者に授与されるものです。


診療スケジュール・担当医(2017年10月)

  部屋番号

吉永 西山 吉永 - 吉永
西山 宮脇 西山 相田 宮脇
相田 相田 紹介外来
(西山)

休診 吉永 - 西山 相田
休診 相田
紹介外来 休診 相田 西山 吉永

かかりつけの先生がおられる場合は、
紹介状を記載いただき地域連携室を通して紹介外来を予約いただくとスムーズに受診できます。