home 看護部について
私たち、倉敷成人病センターの看護部は、
24時間いつでも患者さんの側にいて温かい手をさしのべることを
基本としています。
「明るく、親切、すてきな笑顔」が看護部のモットーです。





n01

病院の理念に照らし、「安全で安心な看護を保証する」が看護部の理念です。

そのために「明るく、親切、ステキな笑顔」をモットーとし、いつもそばにいて、目線を合わせ、
じっくりと話を聴いて、信頼関係を築いていくように努めています。

「やさしく親切」という患者さんからの評価は、
当院が開設したときからの歴史的な積み重ねであり、そのことを全スタッフが大切にしています。

また、急性期を担う病院の看護師には、高度な知識と技術、
そしてあらゆる場面に応じた適切な判断力が必要です。

安心安全な看護を保証するため、日々の仕事と平行して教育に力を入れ、
専任の担当者を配置して専門・認定看護師などの人材育成に取り組んでいます。

ページトップ

 

n

患者さんの人権を尊重し、やさしさと思いやりをもち、
いつでも側にいて耳を傾け、安全で安心な看護を保証する

1.患者さんの自然治癒力を最大限に引き出すよう援助します

急性期医療を担う当院では、検査の段階から急性期治療あるいは
終末期ケア対象など様々な患者がいる。
個人に応じた日常生活全般に看護の視点で関わることで、
闘病意欲を高め自然治癒力をも高める。

2.苦痛や不安の軽減を図ります

検査や手術・治療、また予後に対しての不安や苦痛の軽減は、
闘病意欲を高めることに繋がる。

3.患者さんと家族が意思決定できるよう援助します

どの患者にも公平・平等に接し、患者の権利を尊重し、
常に患者にとって最善であることを基本に行動する。
患者が受けたい治療やケアが選択できるように情報提供と意思決定の
機会を保証することに努める。

4.倉敷成人病センターの看護師としての誇りを持ち、
 品性を高め、心身の健康保持増進と自己研鑽に努めます

患者から信頼され選ばれる看護師であるためには、
専門的知識・技術のみならず、社会的常識やマナーを磨き、
感性豊かであることが大切である。
また、自らの心身が健康でなければ患者の健康を護ることはできない。
倉敷成人病センターの看護師であることに誇りを持って行動しよう。

5.医療チームの一員としての信頼関係を保ち、
 安全性・経済性を基盤として協働します

患者の安全と共に、自らの安全も守り、当院のみならず地域の人々とも
信頼関係を構築し、病院発展のための経済性も視野に入れた活動を
する。

ページトップ