他関連ページ

home臨床研修医募集初期臨床研修について

01
将来専門とする分野にかかわらず、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識し
つつ、一般的な診療において頻繁に関わる負傷又は疾病に適切に対応できるよう、
基本的な診療能力を身につけることのできるものでなければならない。

↑ページトップ

2

社会人としての自覚と協調性を持っている
何事にも貪欲に取り組む積極性を持っている
精神的にも肉体的にもタフである
将来専門とする分野にかかわらず、プライマリ・ケアの基本的な診療能力を身につけたいと思っている
医師国家試験に合格できる

↑ページトップ

3

緊密な各科の連携を活かし効率的で高度な診療能力が備わるように柔軟な対応により
プライマリケアの基本的な診療能力の取得を目標としています。

4

チーム医療を実践できる医師を育成するために、院内・院外医師を
はじめとし多くの職種のコメディカルスタッフが研修に関わるシステムを
構築しています。

マンツーマンの指導医体制に加えてメンター制度の導入により、研修は
もとより日々の悩みにも対応し個々人にあったきめ細かい研修を可能とし
一定レベルの研修効果が得られるようサポートしています。

5

【1】患者の一人一人の権利を守る基本的・総合的な診療能力(主治医能力)を獲得する。
    1) 患者を全人的に理解し、患者および家族と診療の目標を共有する信頼関係が構築できる。
    2) 基本的な医学知識・技能・態度を習得する。
    3) 一人一人の患者の問題を総合的に把握し、解決を指向する視点を身につける。

【2】患者の立場に立った良好なチーム医療の推進者としての、必要な態度、能力を身につける。

【3】患者の受療権を守るために、広く社会や医療情勢に目をむけて、医師としての社会的役割を知り、
    国民の求める医療・介護・福祉の実現にむけて実践する力量を獲得する。

【4】自らが学びの主体者として生涯学習の態度を身につける。医療活動を常に学術的に検討するとともに、
    新しい医学の成果を学び、日々の実践に結びつけることができる。

【5】医学生や後輩研修医のよき相談相手として的確な指導や援助を行う、教育者的態度を身につける。

↑ページトップ

re0

柔軟なプログラムと指導体制で、確実に目標に到達する。

目指す専門領域に応じて、選択の自由度を確保しつつ、厚労省が掲げる 『医師臨床研修制度の基本理念』である
「将来専門とする分野にかかわらず、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、一般的な診療におい
て頻繁に関わる負傷又は疾病に適切に対応できるよう、基本的な診療能力を身につけることのできるものでなけ
ればならない。」という考え方に則ったプログラムです。 

内科6ヶ月(一般内科・肝臓内科・リウマチ科を各2ヶ月)、救急部門3ヶ月、地域医療1ヶ月の必修科の他に、
前述の基本理念の下、当院では外科(最低2ヶ月)、小児科(最低2ヶ月)、精神科(1ヶ月)を必修科目と位置付
けています。研修スタート時に、個々に2年間のスケジュールを組み立てますが、研修医の受け入れ総数が少ない
ため、研修が進んでいく段階で選択科の変更にも柔軟に対応することが可能となっています。

また、厚労省の定める『臨床研修の到達目標』をより具体的かつ分かりやすい研修評価項目に作成し直し、運用
しています。加えて、自己分析と振り返りを中心とした自己省察を促すことで、限られた研修期間を有意義に活用
し、個々に合った研修を構築出来るものと信じています。

研修内容に関しては、プライマリケアの基本的な診療能力の修得を目標としています。当院の特徴である緊密な
各科の連携を活かし、効率的で高度な診療能力が備わるように柔軟なプログラムの選択も可能です。また、専門
医取得を目指す研修医には、その領域のより高い診療能力獲得も可能です。

 

マンツーマンの指導体制で徹底的に学べる

7原則として研修医1名に対し、各科の指導医1名が中心となって指導を行います。
指導は各科で定められた研修要項(各科が作成した当院独自の評価項目)に
沿って進められ、当院で研修困難な科については近隣の病院群と協力することに
より研修が可能となっております。

当院独自の評価項目は厚労省の定める『臨床研修の到達目標』を全て網羅して
おり、当院での研修2年間を修了することで確実に目標を達成することが出来
るように設定しています。

また、定期的に研修医対象のセミナーが開催され、院内・院外医師、コメディカルスタッフが講師として各科のプライマリケアをはじめ、医師として社会人としての必要事項を講義・指導します。

その他にも、初期治療の診断演習をロールプレイ方式で行うことで、臨床現場に必要なスキルの指導や、定期的な
院内外での発表(症例報告など)を通して、プレゼンテーション方法の指導、月3回の副当直では当直医のもとで
時間外の外来患者の診察・対応を指導します。

 

頼れる存在「メンター」とは

8当院の特色の一つとしてメンター制度というシステムがあります。これは直接の指導医だけではなく研修管理委員、後期研修医などがメンターとなり、2年間の研修を様々な面でサポートするシステムです。

新社会人として、更には医師としての新たな生活には、多くの喜びと共に、困難な問題も多く存在します。

メンターは良き指導者、良き理解者、良き支援者として自分の体験を教えるだけ
でなく、現状把握を通して、どのように対応するべきかを『自分で考える』支援をします。

このシステムによって研修はもとより日々の生活の悩みにも対応し、研修の到達状況を把握し研修内容の軌道修正も適宜行うことが可能となります。これらの指導体制は、個々人にあったきめ細かい研修が可能になると同時に、2年後には必ず一定のレベルの研修効果が得られることを念頭に置いています。

↑ページトップ

9

研修ローテート例10

※厚労省の定める必修科(内科、救急、地域医療)に加え、選択必修科目のうち外科・小児科・精神科を当院での必修科と設定。

※「選択希望科」は、右記の科目を各自選択し研修する(地域医療、内科、救急、外科、小児科、麻酔科、産婦人科、泌尿器科、整形外科、放射線科、眼科、皮膚科、精神科)。

※2年次に厚労省指定の必修到達項目、必修レポートが未達成の場合は、個々人ごとに必要な期間を補習期間として設定する。

↑ページトップ

11

当院は基幹型臨床研修病院として、地域連携による医療の底上げを目指しています。

協力型臨床研修病院

万成病院(精神科)、まび記念病院(地域医療)、倉敷中央病院(救急医療)、
川崎医科大学附属病院(救急医療)

臨床研修協力施設

むらかみクリニック(地域医療)、つばさクリニック(地域医療)、八王寺内科クリニック(地域医療)、
哲西町診療所(地域医療)

当院が協力する病院

岡山大学病院、川崎医科大学附属病院、岡山協立病院、水島協同病院

↑ページトップ

12

研修評価項目

内科研修評価項目

a:十分できる b:できる c:要努力 NA:未機会・未教育 

13

↑ページトップ