他関連ページ







学術活動(2008~2011年度)

日常業務の中で研究テーマを出して調査研究したことを、薬剤師の学会で発表しています。

 

2011年度の学術活動

◎原著

腫瘍内科医不在病院での役割 -倉敷成人病センター「薬剤師サポート外来」
今村牧夫
薬局別冊 63:229-240 2011年

◎学会発表

第5回 日本緩和医療薬学会年会(2011年9月24日~25日)
「外来がんチーム医療における薬剤師の可能性」
財団法人倉敷成人病センター 薬剤科
今村牧夫

「スモールグループディスカッション(SGD)を活用した緩和ケア薬剤師研究会の取り組み
~岡山緩和ケア薬剤師グループ活動報告(第4報)」
1.川崎医科大学附属病院 薬剤部、2.岡山緩和ケア薬剤師グループ、3.倉敷中央病院 薬剤部、
4.倉敷成人病センター 薬剤科、5.岡山大学病院 薬剤部
槇枝大貴(1.と2.)、渡辺泰子(2.と3.)、今村牧夫(2.と4.)、岡崎宏美(2.と5.)、松永尚(2.と5.)

第21回 日本医療薬学会年会(2011年10月1日~2日)
「ドキシルR注の効果的な使用方法の検討」

財団法人倉敷成人病センター 薬剤科
今村牧夫、尻無浜未佳、武本千恵

「ICT発足1周年~取り組んできたこと・他職種との連携の工夫~」
財団法人倉敷成人病センター 薬剤科
原田七穂、武本千恵

「糖尿病外来におけるインクレチン関連薬の使用調査と有用性の検討
~α-GI及びグリニド薬からシタグリプチンへの切り替え~」
財団法人倉敷成人病センター 薬剤科
井上稚枝子、片山健太郎、尾崎由紀子、原田七穂、武本千恵

「糖尿病外来におけるインクレチン関連薬の使用調査と有用性の検討
~アログリプチン、リラグリチドへの切り替え~」
財団法人倉敷成人病センター 薬剤科
片山健太郎、井上稚枝子、尾崎由紀子、武本千恵

「TC療法とweekly TC療法における血液毒性の比較検討
~DPC病院でのがん化学療法の取り組みをふまえて~」
財団法人倉敷成人病センター 薬剤科
松井裕典、今村牧夫、武本千恵

「高用量塩酸モルヒネ水の安定性に関する研究」
1.岡山大学 薬学部、2.岡山大学医療教育統合開発センター、3.倉敷成人病センター 薬剤科、
4.岡山大学大学院医歯薬総合研究科
藤原歩(1.と2.)、今村牧夫(3.)、山田奈保子(1.)、松井裕典(3.)、片山健太郎(3.)、高橋栄造(4.)、
埴岡伸光(4.)、岡本敬の介(4.)、成松鎮雄(4.)、名倉弘哲(2.と4.)

第50回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(2011年11月12日~13日)
「TC療法とddTC療法における入院/外来での血液毒性の比較検討

~DPC病院でのがん化学療法の取り組みをふまえて~」
財団法人倉敷成人病センター 薬剤科
松井裕典、今村牧夫、武本千恵

「眼科手術患者の薬剤管理指導」
財団法人倉敷成人病センター 薬剤科
藤堂真理、井上稚枝子、宮寺瑞恵、原田七穂、武本千恵

 

2010年度の学術活動

◎原著

「薬剤師による外来がん治療マネジメント」
今村牧夫
月刊薬事 52:2117-2121 2010年

「地域の薬剤師に対する緩和ケア教育の必要性と有用性」
今村牧夫、芝崎由美子、岡崎宏美、谷川智絵、森 英樹、他
日本病院薬剤師会雑誌 46:963-968 2010年

◎学会発表

第20回 日本医療薬学会年会(2010年11月13日~14日)

「がん患者に対する薬剤師外来『サポート外来』の診療実績と評価
財団法人 倉敷成人病センター
今村牧夫、武本千恵

第49回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(2010年11月6日~7日)
「網膜硝子体手術の患者背景~服用薬を中心に~」
倉敷成人病センター 薬剤科
吉永早希、井上稚枝子、藤堂真里、尾崎由紀子、武本千恵

「実務実習におけるグループ実習の取り組み~岡山県第12グループ~」
1.倉敷成人病センター 薬剤科、2.倉敷平成病院 薬剤部、3.倉敷紀念病院 薬剤科、4.倉敷第一病院 薬局、
5.しげい病院 薬剤部、6.就実大学薬学部
池田奈津子(1.)、武本千恵(1.)、小田真澄(2.)、渡辺美穂(3.)、竹内慶子(4.)、渡邊佐代子(5.)、
柴田隆司(6.)

第4回 日本緩和医療薬学会年会(2010年9月25日~26日)
「外来緩和チーム医療における薬剤師外来の役割」

倉敷成人病センター 薬剤科
今村牧夫、池田奈津子、中島美穂、武本千恵

 

2009年度の学術活動

◎原著

「外来がん患者に対する薬剤師外来の有用性の検討」
今村牧夫、名倉弘哲、武本千恵
医療薬学 36:85-98 2010年

◎学会発表

日本薬学会第130年会(2010年3月28日~30日)
「糖尿病およびその治療法の現状-病院薬剤師の視点より-」

倉敷成人病センター 薬剤科
原田七穂

第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(2009年11月7日~8日)
「新規抗癌剤ドキシルの使用状況」
倉敷成人病センター 薬剤部
尻無濱未佳、尾崎由紀子、片山知子、原田七穂、今村牧夫、武本千恵

「手術室における薬品管理業務への介入」
倉敷成人病センター 薬剤部
片山健太郎、岡本那津子、井上稚枝子、杉原真理、原田七穂、武本千恵

「手術室における疼痛管理薬の無菌調製~PCAポンプへの充填~」
倉敷成人病センター 薬剤部
松井裕典、藤堂真里、井上稚枝子、杉原真理、原田七穂、武本千恵

「外来化学療法施行患者に対する薬剤師の関わり」
倉敷成人病センター 薬剤部
中島美穂、片山知子、香本真里、池田奈津子、井上稚枝子、杉原真理、原田七穂、今村牧夫、武本千恵

第19回 日本医療薬学会年会(2009年10月24日~25日)
「薬剤師外来が外来がん化学療法に及ぼす有用性の評価」

倉敷成人病センター 薬剤部
今村牧夫、原田七穂、片山健太郎、松井裕典、尾崎由紀子、池田那津子、井上稚枝子、武本千恵

第3回 日本緩和医療薬学会年会(2009年10月17日~18日)
「岡山緩和ケア薬剤師研究会活動報告(第2報)」

1.岡山済生会病院 薬剤科、 2.岡山緩和ケア薬剤師研究会(Okayama Palliative care Pharmacists Group;
OPPG)、 3.倉敷成人病センター 薬剤部、 4.岡山大学病院 薬剤科
芝崎由美子(1.と2.)、今村牧夫(2.と3.)、岡崎宏美(2.と4.)、松永 尚(2.と4.)

 

2008年度の学術活動

◎学会発表

第47回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(2008年11月8日~9日)
「リウマチ科における生物学的製剤の使用状況について」

倉敷成人病センター
片山 知子、尻無濱 美佳、尾崎 由紀子、香本 真理、杉原 真理、徳永 みどり、武本 千恵

「クレーム薬品の発生原因調査」
倉敷成人病センター 薬剤部
藤堂 真里、宮寺 瑞恵、徳永 みどり、武本 千恵

「抗癌剤調整時における薬液抜き取り量のズレ」
1.倉敷成人病センター 薬剤部、2.ブリストル・マイヤーズ
井上 稚枝子(1.)、尻無濱 美佳(1.)、池田 奈津子(1.)、杉原 真理(1.)、原田 七穂(1.)、今村 牧夫(1.)、
尾崎 千晴(品質管理責任者)(2.)、幸田 光弘(2.)、武本 千恵(1.)

第2回 日本緩和医療薬学会年会(2008年10月18日~19日)
「岡山緩和ケア薬剤師研究会活動報告(第1報)

~岡山県病院薬剤師会登録施設における医療用麻薬および緩和ケア業務に関するアンケート調査~」
1.岡山済生会病院 薬剤科、 2.岡山緩和ケア薬剤師研究会(Okayama Palliative care Pharmacists Group;
OPPG)、 3.倉敷成人病センター 薬剤部、 4.岡山大学病院 薬剤科
芝崎 由美子(1.と2.)、今村 牧夫(2.と3.)、岡崎 宏美(2.と4.)、谷川 智絵(1.)、松永 尚(2.と4.)

第18回 日本医療薬学会年会(2008年9月20日~21日)
「がん患者に対する薬剤師の新たな関わり~サポート外来開設への取り組み~」
倉敷成人病センター 薬剤部
今村 牧夫、武本 千恵