新しい命を迎え、

育む喜びをともに

妊娠・出産から子育てまで

寄り添ってサポートします。

サポート体制

あなたらしいお産をサポート

support

6つの安心ポイント

6つの安心ポイント

  • 全室個室

    全室個室

    +more

  • お母さんに寄り添って

    お母さんに寄り添って

    +more

  • 生まれてからは小児科がサポート

    生まれてからは
    小児科がサポート

    +more

  • 里帰り出産

    里帰り出産

    +more

  • ご家族もご一緒に

    ご家族もご一緒に

    +more

  • 経験豊富なスタッフが多数在籍

    経験豊富なスタッフが
    多数在籍

    +more

おもてなし

お母さん・赤ちゃんご家族に幸せでスペシャルなひと時を

special

for Baby

familiarとコラボ
オリジナルの院内ベビーウェア&
おくるみ・おむつポーチ

初めて赤ちゃんが触れるものをよりよいものに

++more

for Me

ゆっくりとした
癒しのひと時を

ロクシタンのアメニティを導入しています

++more

for Me

ご出産をされた方へ
お祝い膳をご用意

旬の食材や地元の特産で元気に

++more

for Me

入院準備の負担軽減に
手ぶらでお産セット

入院準備の負担を少しでも軽減できるように

++more

for Me

備前焼 お湯のみ
お茶セット

産後にホッと一息

++more

for Me

TOUCH=体感ゾーン

良いものに触れる大切さを

++more

room

お部屋

出産という特別な出来事をゆったりと 落ち着ける 快適な空間で

出産という特別な出来事をゆったりと 落ち着ける快適な空間で

センター棟の最上階 (7・8F) にある周産期センターは、
妊娠期から出産・産後まで切れ目のないケアを提供しています。
病院内で一番の眺望が楽しめるスペシャルフロアで、快適な時間をお過ごしください。

  • 個室

    個室

    シャワー・トイレが備わった全室個室
    (個室料金はいただいておりません)。
    ゆったりと赤ちゃんとお過ごしいただき、
    悩みごとやわからないことは入院中に解決できるよう
    いつでもご相談ください。

  • LDR

    LDR

    LDRは入院からお産後数時間までを
    1つのベッドの上で過ごせます。
    移動がなく、体の負担が少ないことが特徴です。
    新型コロナウイルス感染症対策として、
    立ち会いは
    1名のみとさせていただいています。
    その他注意事項は
    妊婦健診・保健指導にてご説明いたします。
    (2021.6.1現在)

    ※LDR・・・Labor(陣痛)・Delivery(分娩)・Recovery(回復)の頭文字

  • センター棟8F 周産期センター
  • 受付
  • 診察室
  • モニタリング室
  • 相談室
  • センター棟7F 新生児室前
  • 指導室

倉敷成人病センター
フロアマップはこちら

price

分娩費用例

初産婦|6日間入院(産後5日目退院)の場合

分娩料 ¥324,000
入院料(食事代を含む) ¥127,500 (21,250円×6日間)
検査料 ¥740
新生児介護料 ¥72,000 (12,000円×6日間)
新生児黄疸検査 ¥4,830
K2シロップ(3回分) ¥900
処置・検査等 約 ¥6,850
文書料 ¥2,200
産科医療補償制度 ¥16,000 ※2022年1月1日以降の分娩より
12,000円に変更となります
聴覚検査 約 ¥5,540
合計 ¥560,560
出産育児一時金 - ¥420,000
支払額 ¥140,560
  • ※当院は全室個室で、お部屋代はいただいておりません
  • ※時間外・休日加算は緊急の帝王切開のみいただいています
  • ※保険入院の方は、電気器具の利用料として、入院1日ごとに1,980円頂戴しています
  • ※経産婦の方は、分娩料が20,000円減額となります
  • ※新生児聴覚検査は希望者のみになります(住所地により助成あり)

費用詳細はこちら

others

その他ご案内

MESSAGE
年間約1,400人の赤ちゃんが産まれる当院では、あたたかいお産と育児のスタートができるよう、医師・助産師をはじめとする全てのスタッフが連携して、皆さん一人ひとりに寄り添ったサポートをしています。
また、妊婦さんのことを第一に考え、地域の産科医療機関と周産期医療連携を行うなど、産科事情の厳しい昨今、「お産難民」をつくらないよう地域に根ざした病院・周産期センターであることを目指しています。

周産期センター センター長 山﨑史行