他関連ページ







薬学生の皆さんへ

当薬剤科は、病棟薬剤業務やチーム医療への積極的参画のため、薬剤師を募集しています。
新卒者だけでなく中途でも募集しています。

>「薬剤科の仕事」ページもご覧ください

 

【1】当薬剤科の特徴

ほとんどの業務はローテーション制で行っています。
入院調剤、外来調剤、注射調剤、病棟薬剤業務、薬剤管理指導業務などを担当します。
薬剤管理指導業務(服薬指導)は1年目より携わることができ、早くから患者さんに接することができます。

1年目~(新人教育)

各セクションを回り、業務を3ヶ月程度でひと通り身につけた後、当番や休日出勤も担当します。
業務はそれぞれの現場で研修を行いますが、進捗状況の確認や相談などはプリセプターがサポートします。

専門薬剤師を目指したい場合

専門薬剤師になるためには、ある程度の一般業務経験が必要ですので、
まずは薬剤業務全般を行うための基礎力を付けます。

希望したい専門分野がある場合は先輩薬剤師の指導のもと委員会活動やチームに参加し、
研鑽を積むことが可能です。

当院の薬剤師が取得している資格一覧は「薬剤科について」をご覧ください。
当院で活躍する専門薬剤師の業務内容等については「専門分野の薬剤師について」をご覧ください。

 

【2】若手薬剤師に聞く!

Q1:倉敷成人病センターを選んだ理由は?

 ・がん専門薬剤師、その他の資格取得支援があるから。
 ・業務がローテーション制で、一年目から幅広い業務を経験できる。
 ・病棟での服薬指導を早いうちから経験できる
 ・地元の地域医療に関わりたい。

Q2:倉敷成人病センターを選んでよかった点は?

 ・ローテーション制度で幅広い業務を早く身に付けることができる。
 ・プリセプター制度で丁寧に指導して貰える。
 ・資格取得者が多く、知識面の教育も充実している。
 ・院内処方、院外処方のどちらも扱っており、地域薬局との連携も意識できる。
 ・雰囲気が良く、働きやすい。

Q3:今後の目標は?

 ・がんや緩和ケアの知識を身に付けていきたい。
 ・幅広い知識を身に付け、患者だけでなく他の医療職から信頼される薬剤師になる。
 ・他職種、患者さんから頼りにされる薬剤師を目指します。認定薬剤師などの資格取得もしたい。
 ・がん専門薬剤師を目指しています。がん治療は総合的な知識が必要になるので、 抗がん剤だけでなく様々な知識を深めていきたい。

 

【3】薬剤師の1日の流れ

当院1年目の薬剤師の仕事の1日の流れの例をご紹介します。

 

1年目薬剤師のスケジュール例

新人でも持ち場が異なり、例のように外来調剤を行う人もいれば、病棟で指導する人もいますし、抗がん剤を調製する人もいます。

各自が様々な仕事を行い、時には他職種のスタッフと連携して業務を行います。