他関連ページ









腹腔鏡手術について

腹腔鏡手術は、お腹の小さな傷(孔)から内視鏡や細長い手術器具を用いて、
大きな臓器をも処置できる手術方法です。

これにより
1)傷が小さいため術後の痛みが少なく早期に社会復帰
2)内視鏡により視野が拡大され細部まで丁寧な手術
が可能となります。

当院では積極的に腹腔鏡手術を取り入れています。