他関連ページ









Covidien Clinical Immersion Programを開催しました

2015年7月5日~6日にCovidien Clinical Immersion Programを開催しました。
初日は、腹腔鏡下婦人科悪性腫瘍手術をこれから導入する施設を対象に
腹腔鏡下骨盤リンパ節郭清のコツ、腹腔鏡下準広汎子宮全摘に対する工夫のレクチャーや
当院の取り組みなどを中心としたプログラムで行いました。

 
二日目には手術見学の中で
(1)手術機器セットアップ
(2)手技概要
(3)部位別デバイス選択と使用のコツを
実際に即した形で学びました。

コースディレクターを安藤医師が、講師を太田医師と羽田医師が務めました。
倉敷成人病センターは安全な腹腔鏡下婦人科悪性腫瘍手術の普及を目指し
様々な活動に取り組んでいきます。