他関連ページ









「MIVSの硝子体手術への導入」と「加齢黄斑変性・黄斑浮腫に対する抗VEGF療法」

網膜・硝子体疾患、黄斑疾患に対しての治療では、これら2つの治療法の登場が
その後の治療に大きな影響を与えました。

「MIVSの硝子体手術」では、23ゲージから25ゲージ、27ゲージへと
創口が小さくなっていきます。
当院では、すべての硝子体手術を25ゲージもしくは27ゲージで行っています。

また、現在「抗VEGF療法」は、加齢黄斑変性のみならず、
様々な眼底疾患に伴う黄斑浮腫に対しても広く適応して行っています。

1033