他関連ページ









治療内容

手術治療

手術機器の進歩と手術手技の洗練化によって、網膜疾患の中でも特に下記に示すような
黄斑疾患(網膜の中でも視力の中心となる黄斑という部位に変化をもたらす疾患)の手術治療の適応が
広まってきました。

当院では、より良い視機能に改善もしくは維持するべく、手術時期を逸しないように心がけて治療を
行っております。

また、機器の進歩と手術手技の洗練化は、眼内を操作する手術器具の縮小化につながり、
硝子体手術においても、より小さな手術創での手術とより繊細な眼内操作が可能となってきました(MIVS:極小切開硝子体手術)。

この手術方法を行うことで、少ない手術侵襲と早期の視力回復が可能となります。
当院では全ての疾患に対して適用することで、手術の低侵襲化をはかっております

 

主な手術適応疾患

1767

上記以外にも、緑内障に対する手術や結膜等の眼球外部に対する手術も行っております。

 

抗VEGF療法と光線力学療法(PDT)

黄斑疾患の中でも、黄斑変性をきたしてくる加齢黄斑変性という病気があります。
網膜の後ろにある脈絡膜という組織から異常な血管(脈絡膜新生血管)が生じて、
黄斑網膜下に出血や液貯留をきたし、新生血管の成長とともに黄斑網膜が障害されていく疾患です。

一部の病態を除いて、これまで決め手となる治療法がありませんでしたが、
光線力学療法(PDT)の登場によって適応となる病態の範囲が大きく拡大しました。
さらに、抗VEGF療法によって視力の改善も期待できるようになりました。
中心視力を徐々に失っていくこの病気のQuality of vision(見え方の質)を少しでも維持するべく、
下記の抗VEGF療法を軸として積極的な治療を行っています。

また、抗VEGF療法は糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症に伴う
黄斑浮腫に対する治療としても主軸として行っています。

抗VEGF療法:血管内皮増殖因子(vascular endothelial growth factor-VEGF-)は血管内皮の分裂を促進させる
サイトカインですが、病的血管新生や血管透過性亢進、炎症に強く関与しています。

眼内においてこのVEGFを阻害することによって、加齢黄斑変性の脈絡膜新生血管や、
その他の血管性疾患に伴う黄斑浮腫を治療していきます。

 

PDT:光に感受性を持った薬剤を用いて異常な血管(脈絡膜新生血管)に取り込ませた上で、
感受性の高い波長の光を眼内に照射することでこの薬剤を活性化し脈絡膜新生血管を閉塞させる治療法です。
通常痛みは伴いません。