「世界糖尿病デー」~ブルーサークルフェスタ開催~終了しました

糖尿病は今や世界で2億4600万人が抱える病気といわれ
年間に380万人以上が糖尿病の引き起こす合併症などが原因で死亡しています。
これは世界のどこかで、10秒に1人が糖尿病に関連する病で命を奪われている計算になります。
拡大を続ける糖尿病の脅威を踏まえ、国際糖尿病連合は
11月14日を「世界糖尿病デー」として、全世界での糖尿病抑制に向けたキャンペーンを推進しています。

倉敷成人病センターは 「お話ししましょう糖尿病 家族で 職場で 病院で」として
第1回ブルーサークルフェスタを開催いたします。ぜひ ご参加ください。