他関連ページ











homeオプション検査HBs抗原・HCV抗体

近年、肝硬変や肝臓がんは、C型肝炎ウイルス感染者から移行するケースが
多いことが分かってきました。

国内のC型肝炎ウイルス感染者は、150万人を越えると言われていますが、
自分自身が感染していることを自覚していない人が多いのです。

C型肝炎ウイルスに感染していないか、血液検査を受けましょう。

料金:HBs抗原: 810円(税込) 
料金:HCV抗体:1,620円(税込)

人間ドックのコースによって、料金が異なる場合があります。


C型肝炎とは

opt13

C型肝炎ウイルスによって肝臓に炎症が起こり、肝臓が障害されて
いく病気です。

重症化するまでは、自覚症状の現れないケースが多くあり、
自分では気づきにくい病気です。C型肝炎ウイルスに感染すると、
60~70%という高い確率で慢性肝炎となります。

そして長い経過で肝硬変・肝臓がんへと進行すると言われています。

C型肝炎ウイルスの検査方法

血液中のHCV抗体を調べます。
 C型肝炎ウイルスに感染すると、これに対抗するために「HCV抗体」ができます。

HCV抗体陽性=「ウイルスが身体の中に入ったことがある」ことを示します。
 つまり今もウイルスが身体の中に残っていることもありますし、
 今はウイルスは消えてしまっている可能性もあるわけです。

HCV抗体陽性の場合

次に、そのウイルスが「今も身体の中にいるかどうか」を調べることが重要です。
二次検査として最寄りの医療機関でさらに詳しい血液検査をお受けください。

これで陰性であれば、ウイルスは身体の中には残っていないということになるので、
ひとまず安心です。

C型肝炎ウイルスに感染していることが分かった人は、必ず医療機関を受診して病気の状態の診断
を受けてください。

>オプション検査(オプション検査一覧表)にもどる