他関連ページ











homeオプション検査頸動脈超音波検査

日本の上位三大死因は、がん、心筋梗塞、脳卒中ですが、
このうち心筋梗塞、脳卒中(脳梗塞)は動脈硬化が主な原因です。

動脈硬化は、高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満、喫煙などにより
引き起こされます。

動脈硬化になると、血液中のLDLコレステロールが血管壁に沈着し、
プラークが形成されます。プラークをそのままにしておくと、
血管の狭窄や塞栓を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞の原因となります。

料金:3,240円(税込)要予約

人間ドックのコースによって、料金が異なる場合があります。


こんな方におすすめ

高血圧の方 糖尿病の方

脂質異常症(LDLコレステロール・中性脂肪が高い方)の方

肥満、メタボリックシンドロームの方 喫煙歴のある方

検査方法

●首に超音波をあて、頸動脈の状態を見る検査です。

●血管壁の厚み、血管内プラークの有無やその大きさなどを測定します。

●全身の動脈硬化の程度を推測します。

頸動脈超音波検査とは

ベッドに仰向けになります。
 首にゼリーを塗り、超音波をあて検査していきます。
 とくに痛みを感じることはありません。

病変の有無によりますが、検査時間は20分程度です。

絶食などの特別な準備は要りません。

opt7- 

血管に狭窄は認められません。

血管壁にプラークができ、
血管内部が狭くなっています。

 

>オプション検査(オプション検査一覧表)にもどる