他関連ページ











骨塩定量

踵の骨に超音波をあてて骨密度を測定します。

年齢によって骨密度は低下する傾向にあり、
女性では閉経後に骨密度が大幅に低下します。

この検査では、同年齢の平均値と若年成人
(おおむね40歳代)の平均値と比較して、
それぞれのパーセンテージを表しています。

骨粗粗鬆のスクリーニング検査ですので、
異常が出た場合は整形外科にて精密検査
(主に腰椎のX線検査)を受けてください。

↑ページトップ