他関連ページ











home結果と精密検査結果の見方乳房検査・子宮頸がん検査

乳房検査

1

マンモグラフィ(乳房X線検査)

乳房をはさんでX線撮影をし、
腫瘤やその形、辺縁の状態および石灰化などから、
乳房の異常を見つけます。

触診で触れないような小さな病変も見つけることができます。

2

乳房超音波検査

超音波(人の耳に聞こえない周波数の音波)を乳房の
表面からあて、その反射を利用して乳腺を画像化する
検査です。

乳房の検査で異常があった場合は、専門医の受診が必要です。
 「乳腺外来」「乳腺外科」を開設している病院を受診してください。
 倉敷成人病センターは乳腺外来を設けております。  >倉敷成人病センター

↑ページトップ

子宮頸がん検査

3

子宮頸がん検診(子宮頸部細胞診)

子宮頸部粘膜の細胞をこすりとって、がん細胞がないか
を調べる検査です。

NILMは正常で、それ以外は異常所見となります。

また、内診や超音波検査の所見がはいることもあります。

子宮頸がんHPV検査

子宮頸がんの原因となるウイルスの有無を調べます。
子宮頸部細胞診と併用して受けることで、がんになる前段階での早期発見が可能に
なります。

↑ページトップ