他関連ページ











home結果と精密検査精密検査について

t

精密検査の対象になられた方へ

健診結果の判定に「D1(要治療)」または
D2(要精密検査)」がある方は精密検査を受ける
必要があります。

対象の方には診療情報提供書(紹介状)と、
白色の用紙か白地にオレンジラインの
はいった用紙のいずれかのご案内が
結果に同封されています。

結果が届いたらどうすればいいの?

結果がお手元に届きましたら、以下の手順でご確認ください。

どの検査項目で精密検査の対象になっているかを確認しましょう。
健診成績表または健康診断個人票の判定が「D1」や「D2」になっているもの
が精密検査の必要がある項目
です。

総合健診結果表の判定と今後の方針を見ます。
精密検査を受ける科の指示が書いてある場合もあるので、
参考にしてください。

自分の予定を確認し、病院に検査の予約を取ります。

白色の精密検査のご案内が
入っている方

倉敷成人病クリニックで精密検査を
受けていただいても結構ですし、
最寄りに行きやすい病院があれば
そちらでもご受診いただけます。

病院によって検査ができない項目も
あるので、予約を取る際にどのような
項目で精密検査の対象になっているか
をお伝えください。

白地にオレンジラインのはいった用紙のご案内
が入っている方

記載の予約番号にて予約をお取りいた
だくと、通常よりも早めにご受診いた
だくことができます。

最寄りに行きやすい病院があれば
そちらで予約をお取りいただいても
結構です。

病院によって検査ができない項目も
あるので、予約を取る際にどのような
項目で精密検査の対象になっているか
をお伝えください。


↑ページトップ

受診時に持っていく物は?

精密検査の際に、必ず以下【1】~【4】をご確認の上、
ご持参いただきますようにお願いいたします。

ご持参いただく物

【1】健康保険証

【2】健診結果報告書(人間ドック受診の方…3枚組、定期健診受診の方…2枚組)

【3】診療情報提供書(紹介状)

【4】同封している返信用封筒

↑ページトップ

『診療情報提供書』って何に使うの?

診療提供用紙には下記の用途があります

     

 
診療情報提供書は、
精密検査を受診していただいた後
精密検査の内容や結果を
受診された医療機関から当健診センターに返信していただきます。


精密検査を受診していただいたことの確認と
次回健診時の参考にさせていただきます。