外来受付時間

午前8:30~11:30

午後13:30~16:30

面会時間
新型コロナウイルス等の感染予防のため、2020年3月26日(木)から当面の間入院患者さんへのご面会を制限させていただいております。
休診日
土・日・祝日
および年末年始(12/30~1/3)
※産科・婦人科は土曜午前中に診療を行なっています。

予約センターに電話する

リハビリテーション科

腰痛症に対するマッケンジー法による治療ついて

2021/05/12 コラム

腰痛症は、一生のうちに約80%の人が経験するといわれています。
そのうち原因が特定できず、痛みに悩まされている方が約80%いるといわれています。
それらの痛みに対して、自己管理をしていく方法の一つが「マッケンジー法」です。
当院リハビリテーション科では、平成21年からマッケンジー法による腰痛症へのアプローチを始めています。現在は、国際マッケンジー協会が実施する研修と試験に合格し、認定された「Credentialed MDT(国際マッケンジー協会認定セラピスト)」1名を中心に治療にあたっています。

※治療を希望される方は、当院整形外科を受診していただく必要があります。診察を受け、マッケンジー法の適応であれば、医師よりリハビリへの処方が出され、リハビリ開始となります。

腰痛、首の痛みのリハビリテーション マッケンジー法

マッケンジー法は腰痛や首の痛みの治療法の一つで、1950年代にニュージーランドの理学療法士、ロビン・マッケンジーが開発し発展させてきた治療法です。

マッケンジー法の特徴

マッケンジー法では患者さん自身で体操を行うことによって疼痛の軽減を図っていく治療法です。
セラピストが問診、運動・姿勢の検査を行い、一人ひとりに合った体操指導・日常生活指導を行なっていきます。
患者さん自身での体操によって痛みの軽減を図っていくとともに、日常生活での注意点の指導を通して、再発予防につなげています。
マッケンジー法では患者さん自身での体操で治療を行なっていくため、患者さんが主役となって治療に参加していくことが大きな特徴です。
マッケンジー法は腰痛・頸部痛などの全ての痛みに有効だとは限りません。
そのため、当院ではリハビリ開始前に必ず整形外科医師の診察を受けていただいております。
診察を受け、マッケンジー法の適応であれば、医師よりリハビリの処方が出され、リハビリ開始となります。
当院では国際マッケンジー協会で開催されている講習会を受講した理学療法士が対応しています。

姿勢指導体操の実施

当院でマッケンジー法を受けるためには

マッケンジー法を開始するためには、必ず整形外科での受診が必要です。
整形外科のご予約をお取りの上、ご受診ください。

お問い合わせ先

TEL:086-422-2111(代表)
※「マッケンジー法」とお伝えいただくと、円滑にご予約いただけます。