外来受付時間

午前8:30~11:30

午後13:30~16:30

面会時間
新型コロナウイルス等の感染予防のため、2020年3月26日(木)から当面の間入院患者さんへのご面会を制限させていただいております。
休診日
土・日・祝日
および年末年始(12/30~1/3)
※産科・婦人科は土曜午前中に診療を行なっています。

予約センターに電話する

病理診断科

専門医による迅速かつ正確な病理診断を実施し、適切な治療へと導く橋渡し役として患者さんをサポートしています。

当科は患者さんから採取された組織や細胞を顕微鏡で観察し、良性や悪性(がん)など病気の診断・進行状況・治療効果の判定などを行なっています。病理診断の結果をもとに、治療法を選択し、手術範囲が決定されます。診断は、病理診断および細胞診断を専門にする医師(病理専門医、細胞診専門医)が担当しています。

病理診断
胃や腸などの生検組織、婦人科、乳腺科、泌尿器科、外科など手術で摘出された臓器について診断しています。さらに免疫染色、遺伝子検査などを追加し個別化医療に対応しています。
①乳管内乳頭腫(良性腫瘍).jpg ②浸潤性微小乳頭がん(乳がん).jpg ③免疫染色(子宮頸がんp16染色).jpg
細胞診断
子宮、尿、乳腺、甲状腺、胸水、腹水などから得られた細胞の診断を行います。
④細胞診(子宮頸部コイロサイトーシス)
術中迅速診断
手術中に病変や切除断端の良悪、転移の有無などの診断を行います。術式、切除範囲の決定に重要な役割を担っています。
病理解剖
不幸にも病気で亡くなった患者さんの死因究明、治療効果判定などを行い、今後の治療に役立てています。
カンファレンス
婦人科、泌尿器科、乳腺外科、外科、放射線科などと症例検討を行い、チーム医療を推進しています。院外の専門家とも連携を図り、よりよい治療選択に貢献できるよう努めています。

実績

(単位:件)

  2017年度 2018年度 2019年度
組織診断数 5,495 5,456 5,872
術中迅速組織診断数 130 136 134
細胞診断数 29,809 29,708 29,642
臓器数 8,438 9,060 9,401